Vol.2 夏祭りへの出演、いよいよスタート

07.29

YENA

ご当地アイドルグループのYENA☆にとって、明石の皆様に愛され、応援していただくことが原点です。

そのためにも、地域のたくさんの人たちが集まる夏祭りは、YENA☆を知っていただく大切な機会です。

その第一弾が、7月28日の「鳥羽宮東自治会夏祭り」

への出演でした。JR西明石駅から北西に1キロ余り、八幡神社の隣にある大きな公園が会場です。

あいにく小雨まじりの曇り空でしたが、YENA☆はいつも心晴れ晴れ、明るく元気いっぱい。メンバー7人全員が、本番のステージを楽しみに会場入りしました。

イエナ

出演は午後5時20分から。朝霧太鼓推進同好会による勇壮な和太鼓演奏のあとです。メンバーたちはわくわくドキドキしながら、ステージ裏で待機しました。
小雨もやみ、いよいよYENA☆の出番。
「鳥羽のみなさん、こんにちわ」。メンバー7人が、はじける笑顔でステージに飛び込んでいきました。

会場には大勢のお客様たち。子どもからご年配の方まで、500人以上が集まっていました。

緊張気味なYENA☆のメンバー

イエナひとり一人が自己紹介した後、一曲目の「言えないよ」で本番のステージが始まりました。

ありがたいことに、7月7日の誕生セレモニーと7月13日の初ライブにお越しいただいたファンの方々も、この日の夏祭り会場に駆けつけてくれました。感謝感謝です。

「かわいいー」「ダンス、上手(じょうず)!」

イエナ曲の途中で、お客様たちからうれしい声が聞こえてきました。

2曲目は「明石の星☆」。メンバーたちの躍動感あふれるダンスにあわせ、会場の雰囲気はどんどん盛り上がりました。

次に出演を控えたヒップホップダンスチームの子どもたちや、ハワイアンダンスグループの女性の方々も、温かい手拍子を送ってくれました。

 

YENA☆にとって初の夏祭り出演でしたが、ステージは地域の皆様の応援に支えられ、無事終わりました。

ワゴン車で会場を後にする際、うれしい出来事がありました。

YENA☆のメンバー7人が車の窓から顔を出すと、地域の子どもたちが手を振りながら追っかけて来てくれたのです。

「ご当地のありがたさ」。メンバー7人はそれを心底、実感しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 新★星人
    • 2013年 7月 29日

    雨が上がって良かったね!
    YENA☆のキラキラパワーで雨雲を吹き飛ばしたおかげかな!?
    またYENA☆に逢える時も、雨が降らないようにしてね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS NEWS

ページ上部へ戻る