Vol.18 ワタナベフラワーのファミリーコンサートにゲスト出演

09.08

メイン

関西を拠点に活動するわくわくロックンロールバンド、ワタナベフラワーのファミリーコンサートが9月7日、明石市民会館大ホールでありました。

明石ケーブルテレビ開局20周年の冠コンサートで、YENA☆(イエナ)がゲスト出演しました。

ワタナベフラワーのリーダー、クマガイタツロウさんは明石ケーブルテレビの人気番組のMCを務めていて、明石は“第2のふるさと”。そうしたつながりもあり、明石での知名度は抜群です。

ふだんはライブハウスでの活動が多いワタナベフラワー。市民会館大ホールを貸しきった大掛かりなコンサートは今回が初めてです。

開演は午後4時半。ダンシングチームShining Starの素敵なダンスで幕を開けました。会場は1200人を超えるお客さんでほぼ満員でした。

今回のコンサートには、「となりのトトロ」でおなじみの井上あずみさん、娘のゆーゆさん、ダンシングチームKIRARAもゲスト出演。歌と楽しいトーク、かわいいダンスで盛り上げました。

イエナはコンサート後半に登場。たくさんの観客を前に少し緊張ぎみのメンバーたちでしたが、笑顔いっぱい元気いっぱい、「言えないよ」と「Starlight」を歌い踊りました。

カラフルな照明を浴び、生き生きのびのびとステージパフォーマンスを繰り広げたメンバーたち。いつものように一人ひとりが自己紹介のあいさつをすると、会場から温かい声援が飛んでいました。

イエナとワタナベフラワーは、デビューシングル「言えないよ」の楽曲を手がけていただいた大切な間柄です。その縁もあり、メンバーたちは文字通り“ファミリー”の一員として、感謝の気持ちを込めてステージにたちました。

コンサートの終盤では、ワタナベフラワーと出演者全員が「いい湯だな」を合唱。

歌詞の「ババンババンバンバン」にあわせた振り付けがあり、イエナもノリノリでした。

大盛況だったファミリーコンサート。楽屋では、スペシャルゲストの井上あずみさん、ゆーゆさんと一緒に記念撮影しました。イエナの大切な思い出がまたひとつ、アルバムに加わりました。

ラスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RSS NEWS

ページ上部へ戻る